「プログラミングを仕事にしよう!」当サイトについて

プログラミングを仕事にする上で最低限知っておきたい基礎知識を紹介するサイトです。【お問い合わせはこちら】

当サイトについて

当サイトについて

プログラミングの仕事をしていきたい!そんな夢が芽生えたらさっそく行動しましょう。プログラミングのスキルはとにかくコツコツ頑張るしかないので、善は急げ!です。当サイトでは、プログラマーになりたい人が知って得する情報をいろいろ紹介しているので、ぜひ活用して夢を叶えてくださいね。

LINEで送る
Pocket

プログラマーの魅力

デジタル化の時代に突入してからしばらく経ちましたが、プログラマーの需要に対して供給がまだまだ追いつかない状況です。人手不足だからこそブラック企業なるものも生まれてしまうのですが、仕事の選び方さえ気をつければ平均年収500万円以上の世界。プログラマーって稼げる仕事なんです。中には1,000万円越えなんて人もいるんですよ。手に職をつけておくと安心とは昔から言いますが、これは今でもその通り。プログラマーは立派な職人さんです。

なると決めたら最初に考えるべきこと

プログラマーになりたい!と思ったら、まず考えたいのが「どんな」プログラマーになりたいのかということ。プログラマーなのだからプログラミング言語ができればいいかというとそうではなくて、プログラミングで何を実現したいかってところがないと仕事選びもままならなくなるんです。最初に学ぶプログラミング言語を選ぶにも自分の方向性が決まらないと選べません。学びやすそうだからという理由で適当に言語を選んで身につけてしまうと、自分がやりたかった方向にはまるで使えないという事態にもなりかねません。だからこそ、まずは自分がどんなプログラマーになりたいかを考えることが大切なのです。

プログラマーになるためのステップ

目指す方向性が決まったら、いよいよプログラミング言語選びです。いくつかの候補があるなら、初心者向けの言語を選ぶと挫折しにくいですよ。プログラミング言語が決まったら、次にどうやって学ぶかということです。参考書を読んだりインターネットで調べたりしながら独学で身につけるのもいいですし、プログラミング教室で習うのもいいでしょう。オンラインで学べるサービスもあるので、自分に合ったやり方を見つけましょう。一足とびに身につけられることを期待せず、とにかくコツコツ頑張り続けられる方法を選ぶのが成功の秘訣です。
プログラミング学習で何より大事なのは、とにかくプログラムを書いてみること。他の人が作ったコードを読んだり書いたりするうちに理解できるようになることもたくさんありますよ。プログラミングはいわば第二外国語を学ぶようなもの。使えるようになるには繰り返し練習あるのみです。始めたばかりの頃は大変かもしれませんが、自分が考えたコードでプログラムを作る楽しさを実感できれば勉強も楽しくなるので、ぜひ頑張ってみてくださいね。

ご不明点等ありましたら、お気軽にご質問ください。少しでもお力になれると幸いです。
【お問い合わせはこちら】

おすすめカテゴリ

どんな仕事があるのか どんな仕事があるのか

プログラミングに興味のある人におすすめ!

最新の記事

  • ゲームプログラマー

    ゲームプログラマー

    ゲームプログラマーになるためには、一般的なシステム開発のプログラマーとは少し違う知識やスキルが必要です。

  • 組み込み系ならC

    組み込み系ならC

    組み込み系プログラマーになるつもりならば、まずはC言語についてのスキルを高めていくようにしましょう。

  • 安定の正社員

    安定の正社員

    冒険して収入を大幅アップさせるより安定を重視したいなら、正社員プログラマーとして働くのが最も安全です。