仕事で使うプログラミング言語について

プログラミングを仕事にする上で最低限知っておきたい基礎知識を紹介するサイトです。【お問い合わせはこちら】

どんな言語を使うのか

プログラマーを目指すならば、自分が仕事でやりたい開発ジャンルに応じたスキルが何かをまず理解しておきましょう。ゲームプログラマーや組み込み系プログラマーならC言語が共通スキルで、ゲームプログラマーならJavaもよく使います。ゲーム開発の場合、同じゲームでもOSによってプログラミング言語を使いわけます。組み込み系の開発では、ソフトウェアに関することだけでなくハードウェアに関する知識なども必要になってきます。

  • ゲームならJavaやC

    ゲームプログラマーならぜひ身につけておきたいのがC言語とJavaです。プロジェクトによって使われるプログラミング言語はいろいろですが、ゲームに欠かすことができない処理速度や通信環境の問題に対応できる言語となると、C言語やJavaが最適です。C言語は古くからある言語で、他のさまざまな言語の基礎です。そのため、C言語について最初に学んでおけば、次に新しい言語を学ぶときに身につけた知識とスキルが役立ちますよ。続きはこちらから

  • 組み込み系ならC

    家電製品や電子機器開発のプログラミングを担当するのが組み込み系プログラマーです。組み込み系開発ではC言語がよく使われています。C言語はさまざまなプログラミング言語のもととなっているので、最初に学んでおくとその後効率的に言語スキルを増やしていくことができるでしょう。ここでは、C言語をはじめ組み込み系プログラマーが身につけておくべきスキルと、なぜ今もなおC言語が活用されているのかについて紹介していきます。続きはこちらから

おすすめカテゴリ

どんな仕事があるのか どんな仕事があるのか

プログラミングに興味のある人におすすめ!

最新の記事

  • ゲームプログラマー

    ゲームプログラマー

    ゲームプログラマーになるためには、一般的なシステム開発のプログラマーとは少し違う知識やスキルが必要です。

  • 組み込み系ならC

    組み込み系ならC

    組み込み系プログラマーになるつもりならば、まずはC言語についてのスキルを高めていくようにしましょう。

  • 安定の正社員

    安定の正社員

    冒険して収入を大幅アップさせるより安定を重視したいなら、正社員プログラマーとして働くのが最も安全です。