プログラミングの仕事と働き方「正社員」

プログラミングを仕事にする上で最低限知っておきたい基礎知識を紹介するサイトです。【お問い合わせはこちら】

安定の正社員

安定の正社員

いろいろな働き方が認められる時代になったとはいえ、やっぱり正社員の安定感は魅力的。不安定な時代だからこそ、リスクをとって冒険するよりも正社員としてプログラミングの仕事をしたいと思っている人は多いと思います。では、正社員で働くとはどういうことなのでしょうか。

LINEで送る
Pocket

正社員とはどのような立場か

正社員とは、企業に社員として無期限で雇用されている人のこと。労働契約法に守られているので、一度正社員の立場を手に入れることができれば、正当な理由なく解雇される心配もありません。企業の生き残りそのものが難しい今の時代、正社員とはいえ終身雇用が確約されているとまではいきませんが、安心して働ける立場であることは間違いないですよね。

正社員のメリットとデメリット

新卒が入社してから何年かは給与が少なくても、正社員として働き続ければ続けるほど昇給のチャンスは増えます。入社当初は正社員より非正規雇用の人のほうが自由で稼げそうにすら見えるかもしれませんが、数年もすると大きな差がついてきます。今は正規雇用と非正規雇用の格差をなくそうという動きも出てきていますが、社会保険をはじめ各種手当、本人とその家族に対する福利厚生などはやはり正社員のほうがはるかに優遇されているのが現状なんです。中途採用では、正社員経験を最低条件としている企業もたくさんあります。つまり、「正社員だった」という事実そのものが自分の強みになるってことなんですね。
そんなメリットだらけの正社員にも、デメリットはそれなりに存在します。一番大きなデメリットは「会社都合」という概念です。社会人になる前は、社会に出たらいろんなことをやろうと希望に胸を膨らませるものですが、いざ正社員になってみると、自分がやりたいことを押し通せる立場ではないことにあらためて気づかされます。この土地で働きたい!と思っていても、転勤を命じられればすぐに応じなければなりませんし、出張に行きなさいと言われれば従うしかありません。残業したくなくても、しなければ仕事が回らない状況ならやるしかありません。昇給賞与は業績が伴えばこその話であって、状況によっては給与据え置きや賞与なしという可能性もあります。

契約社員から正社員へ

非正規雇用で働く人を正社員に登用するシステムがある企業なら、一定期間契約社員として働いてから正社員ステップアップする方法もアリ。実際に働いてから正社員になるかどうかを決められるので、雇用のミスマッチ防止になります。

アールストーン

プログラマーの転職なら、IT・Web・ゲーム業界転職に強いアールストーンがおすすめです。各業界の名だたる企業がアールストーンを通じて社員を採用していて、いくつかの賞を受賞するなど業界内でも評価が高いエージェントです。過去10年間で2万人を超える人が転職し、そのうちの80%以上が年収アップを実現。そんな実績を持つアールストーンのキャリアサポートがどんなものなのか、ぜひ相談して確かめてみてくださいね。

各社のカルチャーや働き方など求人票だけでは読み取れない情報のご提供や、書類作成や面接の実践的なアドバイスなど、転職を成功に導くため、専任のエージェントが全力であなたの転職の成功をサポートします。

参照元>>アールストーン

  • アールストーン

おすすめカテゴリ

どんな仕事があるのか どんな仕事があるのか

プログラミングに興味のある人におすすめ!

最新の記事

  • ゲームプログラマー

    ゲームプログラマー

    ゲームプログラマーになるためには、一般的なシステム開発のプログラマーとは少し違う知識やスキルが必要です。

  • 組み込み系ならC

    組み込み系ならC

    組み込み系プログラマーになるつもりならば、まずはC言語についてのスキルを高めていくようにしましょう。

  • 安定の正社員

    安定の正社員

    冒険して収入を大幅アップさせるより安定を重視したいなら、正社員プログラマーとして働くのが最も安全です。